うつ病は誰でもなりうる病気です

費用面を考える

うつ病の治療でどのくらいのお金が必要なのか

うつ病で診察そして治療をしてもらう際には当然ですがお金が必要としています。 仕事ができなくなっているからこそ気になるのが治療費はどのくらいなのかです。 ではどのくらい必要としているのかというと、通常の診察に関しては3割負担で1500円程度にあります。 詳しい検査などが必要としているのなら、検査項目や方法によってお金がそれ以上に必要としています。 しかし機械を使用しなければそこまで高くないので負担は小さいです。 うつ病治療でかなり負担としているのが薬になります。 うつ病の診察は頻繁に通わないといけないわけではなく、症状によりますが1ヶ月や2ヶ月程度に一度になります。 そうなるとそれまでの期間の薬をもらわないといけないのですが、薬の量により1万や2万円程度必要になってきます。 かなり負担となりますので、ある程度用意しておかなければいけませんが、精神病に関しては補助を受けられるようになりますので、どうしても無理としているのなら補助を受けるようにしましょう。

薬は最初よりも後のほうが高くなることが多い

うつ病にお金がかかるのが薬になります。 実は一番最初にもらう薬代よりもその後の薬代のほうが高くなることがとても多いです。 なぜ後のほうが高いのかというと、それは薬の量がとても難しいからです。 その人の症状によって処方されているのですが、ただその量で確実に緩和できるわけではありません。 あまり薬が効かかなったりすると、増やしていかないといけなくなるため、後のほうが高くなることが多いです。 薬は人によって効果に違いがでてきてしまうため、これはどうしてもしかたがないことです。 ただうつ病の診察や薬に関しては3割負担ではなく1割負担にできます。 申請しなければいけないのですが、しかしお金はかなりの負担となりさらなる悩みになりますので、できるだけ負担を減らすことがオススメです。

家事のサポートをサービスで受けよう

うつ病の人は見守るそしてサポートが必要としています。 しかし一人暮らしをしている人や、家事をする人がうつ病になれば食事に関することがどうしてもおろそかな状態となります。 そこでオススメしたいサービスが家事代行になります。 家事代行してもらうことで、食事だけでなく食事に必要としている材料まで購入してきてもらえるようになっていますのでとても便利です。 お金を必要としているサービスなのですが、しかし利用しないよりもするほうが周りの人も多少なりと安心することが出来ます。 利用方法は簡単で電話そしてネットからお願いすれば利用できるようになります。 料理だけでなく掃除などもしてくれますので、うつ病で大変だからこそ多少なりと大変な部分を減らせるように工夫をしましょう。