うつ病は誰でもなりうる病気です

薬を服用する

薬を服用する場合に気をつけなければならない事

病院に行って、うつ病と診断された場合に薬を処方されます。その場合、風邪薬や腹痛等のどの病気で薬をもらった場合も同じで薬を服用して副作用があったり、効き目は人それぞれ違いがあるため担当の医師と確認や相談をして効果が得られるようにしなければなりません。 また、うつ病の場合は抗うつ薬を処方されることがほとんどですが、その場合は素人の勝手な判断で薬を減らしたり、多く服用したり、やめたりしないように気をつけなければなりません。 その上、薬を服用したからといってすぐに効果があらわれるものではりませんので、最低1〜2週間の間、キチンと薬を飲むことも重要です。その際には担当の医師の注意事項などがあれば、必ず守って次の診察に備えましょう。

うつ病の受診の前に知っておくと良い事

うつ病の受診をする前に知っておきたいことは、医師を前にして説明をしにくい部分がたくさんあり どのように話していいのかわからないという人が多いため、気分が沈んでいる時間が長いとか動悸や息切れがするようになったとか、最近 眠れなくて寝てもすぐに目が覚める等といったことでも良いので気がついたら どんな小さな事でも最近の変化に気づいたことがあればメモをしておくと良いでしょう。 それに、診察の際には医師が今、どんな事で悩んでいるのか質問をすることで探ってくれますので、質問に対してありのままを話してみましょう。 また、うつ病は几帳面で真面目な人がかかりやすいので、できれば思い切って休養をするのが一番の治療法なので、慌てずゆっくり気長に治すつもりでいましょう。